• 標準
  • 最大

お知らせ

2021.02.08

イベント情報

富士市産農産物を商品開発

 JA富士市大渕洋菜部会会長と同支店職員は、1月20日に富士市立高等学校で、生徒が4月から続けてきた富士市産農産物を使った新商品開発の授業に参加しました。同校ビジネス探究科3年生80人は、トウモロコシ「富士山麗わくわくコーン」とラッカセイ「富士のらっかしょ」についてそれぞれプレゼンテーション発表をしました。わくわくコーンの甘さを活かした新食感のスイーツや他県の観光客に向けて、お土産にできる名産品として商品化していくなど、高校生の柔軟な発想からさまざまな案が出ました。生徒たちが開発した新商品は富士川楽座で販売予定です。

商品開発のプレゼンテーション発表をする生徒