What's new

2018年11月01日

What's new

茶業講習会で「香り緑茶」について学びました

 JA富士市は10月26日、生産者を対象とした茶業講習会を行いました。毎年恒例の講習会ですが、今年のテーマは「飲んで学ぼう!香り緑茶」。静岡県農林技術研究所茶業研究センターの小林利彰科長を招いて、静岡県が普通煎茶、深蒸し煎茶に次ぐ「第三の煎茶」として普及を図る「香り緑茶」について学びました。「香り緑茶」は香りを引き出す処理を施すことで、添加物を使わずに甘い花のような香りがするお茶です。 参加者は「やぶきた」と「香駿」の「香り緑茶」を飲み比べながら、生産や販売方法について積極的に質問をしていました。

 

ページトップへもどる