What's new

2017年12月21日

What's new

JA富士市壮年部そばを食べる会

JA富士市壮年部は12月中旬に、役員と県会議員の意見交換会として手打ちそばを食べる会を開催しました。

出来たての手打ちそば

出来たてのそばを食べる早川育子県議会議員㊧と勝亦光明組合長㊥と望月和宏壮年部長㊨

当日、壮年部員の杉山勝信さん(鷹岡)と田村茂さん(富士)が二八そば(そば粉7キロ小麦粉1.4キロ使用 (1人前約140g))を打ち、約40人に振る舞いました。

そばを打つ 田村 茂さん

そばを四角く打つ杉山さん(手前)と田村さん(奥)の姿を見守る半田専務

打ったそばを切って揃える 杉山 勝信さん

【杉山さんが教える美味しいそばの打ち方】

粉はふるいにかけ、最初に半分くらいの水を、残りは3~5回に分け、回し入れ均等に混ぜることが大事で、そばは伸ばすのではなく、麺棒で打つのが基本。腰と腹に力を入れて、厚さ1.7ミリ~2ミリ、四角い形にひろげていきます。打つのに時間がかかると乾燥して端が切れるので早めに打つ事がコツです。

打ちたてのそば

そばを茹でる杉山さん㊨と素早く水洗いする田村さん㊧

【美味しいそばの茹で方】

鍋にたっぷりの湯を沸騰させ、パラパラと優しくほぐしながらそばを入れます。箸で優しくほぐし、40秒から60秒でそばが浮いてきたら、再沸騰する前に手早くザルに上げ水洗いする。

生そばは茹で過ぎないのがコツ。ブチブチ切れてしまうのは、茹で過ぎです。

【お知らせ】

杉山勝信さんのそばはJA富士市鷹岡支店併設の産直市にて販売しています。ぜひ、ご賞味ください。

ちょっとよって鷹の市

営業時間:9:00~12:30 (土、日、祝、年末年始は定休)
所在地:富士市鷹岡本町1-3
電 話:0545-71-2200(鷹岡支店)

ページトップへもどる